ポジティブに受け止めたいと思います。 それが結果ロハスだったら願ったり叶ったり!

自家製味噌

今日の更新は、長~~くなりますよぉ
手作りみそ・コメ麹黒味噌
3日かけて、冬の寒い時期に仕込みます。
興味のある方は是非どうぞ
湯気がもあもあっ~大豆の蒸す香りがしてきそうです
豆はこだわりの黒豆、黒豆のお味噌はコクがあってうまいとの噂です
では~さっそく

1日目(2月18日)e0138807_2037113.jpg
第1日目は
米麹つくりです

米15Kgを一昼夜(24時間)水に浸してザルにあげ水を切り、蒸籠 (せいろ)に入れます












e0138807_2040775.jpg
せいろに入れ
蒸気が上がって30分蒸します
















米の蒸し方
①洗って水にかしておいた米をざるにあげ、水切りする。約2時間
②蒸し器に給水し、セイロに布を敷いて米を入れる。
③ふき上がったら30分蒸す。
 注:米粒が指につかず押すとつぶれる程度


e0138807_2046450.jpg
麹と蒸した米を混ぜます













e0138807_20582214.jpg
混ぜた米麹を室に入れ適温を保ちます

※麹菌は、増殖するためには酸素が必要な好気性菌で、繁殖適温は25度~30度です









2日目(2月19日)e0138807_2103697.jpg
豆を水に浸します(豆6Kg)
水の量は大豆の3倍くらい。
約20時間

このとき水道水ならあらかじめ汲み置きの水がいいと思います











e0138807_21134465.jpg
先日室に入れておいた米麹を混ぜほぐします

2日目の作業はこれで終わりです。











3日目(2月20日)

e0138807_217336.jpg
豆を圧力釜で炊きます



















圧力釜の使い方
①釜に豆を入れ、水は浸る程度。
②薄い布をかけ蓋をして対角に圧をかけ、ねじをしめる。
③メーターが0.7になったら外(ひだり)火(がわ)を消し様子をみる。
上がる様なら内火を弱めそのまま8分で火を消す。
(0.7を保つようにする。)
④メーターが0になるまで待ち、先に蒸気を抜き、湯気が出なく
なったら圧のねじをゆるめる。

やけどの無いよう落ち着いて作業!




e0138807_21274861.jpg
豆を冷やします














e0138807_2128551.jpg
豆をミンチにかけます












e0138807_21295386.jpg





















e0138807_21341135.jpg
米麹をほぐし
塩と豆の煮汁(あめ)を混ぜます

米15Kg
塩4Kg
あめはどんぶり1杯~2杯








4Kgの塩のうち少し残し置き、樽にみそを保存するとき表層にまぶすと
味噌の保存が良好ですので米麹に混ぜるお塩を少し取り置いておきます



e0138807_21392690.jpg
麹とミンチにかけた豆をまぜます












e0138807_21404346.jpg
樽に詰める

表層に残りの塩をふって保存

















樽の味噌は冷暗所に置いて3か月間熟成させます。
ゴールデンウイークの頃に最後の仕上げミンサーにかけて滑らかにし
さらに1か月程保存すると手作りみその食べごろとなります

大豆の代わりに黒豆で作りました

地域の公民館での味噌作り、和気あいあい(^^)
兼業農家の多い地域ですので、自前で収穫した大豆&黒豆を持参
での味噌作りでした
家庭でも、分量を少なくして圧力なべとフードプロセッサーがあれば作れそうです~♪
by escaper2 | 2009-02-23 21:50 | Comments(0)