ポジティブに受け止めたいと思います。 それが結果ロハスだったら願ったり叶ったり!

倉敷帆布本社見学

16日は、倉敷帆布本社へ工場見学に行ってまいりました。

まずは集合場所のバイストン本店(倉敷帆布本店)へ、自宅から歩いて5分で到着(近っ)


e0138807_14455451.jpg


倉敷帆布のストライプ生地(シュガリーピンクで作った斜めがけバッグ)


まず最初に見た、帆布の原材料の糸

e0138807_13415245.jpg

糸を巻いた状態が円盤型のアレに似ていることから・・・UFOではないらしい・・・

業界用語で「チーズ」と呼ばれているそうです、美味しい感じで(笑)

撚りを緩めて引っ張ると

ふわふわの綿が現れるので綿花が原材料とわかりますね
e0138807_13420527.jpg
糸は3本をより合わせてより強い糸になり

昔ながらのシャトル織機で帆布に織られていくのですね

見学中シャトル機の緯糸を渡す部品を『スペースシャトル』って案内の方が

説明したとかしなかったとかで

想像力がMaxになっているところで

宇宙遊泳する帆布を発見

ロボットアームでふわりふわりと運ばれている様(さま)が

まるで NASA?(ロボットアーム見えてるし!)

e0138807_13304972.jpg



畳まれた帆布のこのたたみ方を「トーフ畳」と呼ぶそうです(これも業界用語らしい)

なぜトーフ?そのくだりの説明を聞きましたが忘れたので

あなたも工場見学に行って、質問してみてくださいね。


そして・・・「トーフ(畳)」ときたら

これはまるで「ゆば」だなと思いました(自分勝手に空想)

とろり、とろーりとたたまれながら落ちてゆく帆布が

湯葉のように見えてしまう不思議空間!?
e0138807_13303456.jpg
時々言葉の遊びが織り交ぜられた

想像力が豊かに刺激される

楽しーい工場見学でした。^^








e0138807_14412881.jpgハンドメイドブランド A U * L A I T

岡山県倉敷市在住/古市千代美展示販売会などでは対面で、WEBでは
メールにてご注文を承ります。
Hp:aulait.jp


by escaper2 | 2015-03-16 14:04 | A a n i l a b o | Comments(0)